さいさき屋とは

slide_01

 

『話に花を咲かせる』、『食事に花を咲かせる』、『楽しさに花を咲かせる』
そんなひとときを過ごしていただきたいという想いを込め
『幸を咲かせる』場所、『さいさき屋(幸咲屋)』と名付けました。

 

九州地区は「うどん」の文化、そして「長崎」はちゃんぽんの文化が既に定着しており、
お蕎麦は黒く、ねちゃねちゃしている、といったイメージが先行してお蕎麦の文化はほとんどありませんでした。

 

そんな中、東北は仙台にあります、とあるお蕎麦屋さんの感動的な美味しさとの運命的な出会いがきっかけで、
九州・長崎の皆様にもこの美味しいお蕎麦を食べて頂きたいという想いが、さいさき屋の始まりとなりました。

 

お蕎麦に対する悪いイメージを払拭するべく研究に研究を重ね、『味』、『薬味』はもちろん、
器や盛り付けの『見た目』まで、細部にまでこだわり抜き、『さいさき屋のお蕎麦』を完成させました。

 

また、長崎は日本で唯一の開口地であったため、海外からの様々な料理文化を取り込み現在に至ります。
この独特な食文化も同時にご賞味いただけるよう、努力を続けて参りました。

 

さいさき屋独自の『お蕎麦』、伝統を守り、受け継がれる味を是非、ご賞味くださいませ。

このページのトップへ